DIARY  |  NTOPIA + + + バチカ * SACHI UENISHI web

[ 2015.04.22 ]

草木染め

気づけばもう一ヶ月ぐらい経ってしまいましたが
先日草木染めのワークショップに行って来ました。

幼少の頃読んだ漫画の中に、染め物をしている登場人物が出て来た事があって
草木を使って布を染めるシーンがものすごく印象的で、子供ながらにロマンと憧れを感じ、
その後もなんとなく頭の片隅に、草木染めの事が印象に残っていました。

2年ほど前に、桜の木で染めたというストールに出会った事があり、
その時、その色の自然さと美しさに惚れて、
ストールにしては少し値が張りましたが、素敵すぎて買ってしまいました。
それが私が久しぶりに「草木染め」というものに遭遇する事となりました。

最近、布を買って簡単な袋などを作る事が時々あるのですが
なかなか欲しい布というのは売っていません。
あのストールみたいな自然な色の生地が欲しいなぁと常々思っていた所、
たまたま友人の仕事関連の展示を見に行ったお店で、草木染めワークショップ予定がある事を知り、
池田市という普段あまり行かない場所ではありましたが、行ってまいりました。

今まで染めた事のないものはない、というぐらい、過去に草木染めをやっていたという
そのお店を切り盛りされているおじいさまが教えてくださりました。

今回使ったのはたまねぎと、よもぎと、どんぐりの木の樹皮。
染める生地の種類や、媒染液(染めの色を定着させるもの)によって
同じものを使って染めても、色が全然違ってきます。
特に媒染液は本当に色がガラっと変わってしまうので
それ自体が染め材料のように感じます。

先人が作った、使った染め材料と媒染別の色見本なるものもあるのですが
本当にすごい沢山パターンがあって、
同じ物を使っても、その時の草木の状態や染め液の温度、染める時間などによって
色が違ってくるようです。
またまたものすごいロマンを感じてしまい、完璧に草木染めに魅せられました。

草木染めはほんとうに優しくて自然な色が出ます。
染める材料を集めるのに一手間かかりますが、
いつか自分で草木染めした布を使って、服飾物を作りたい思います。

Copyright © NTOPIA All Rights Reserved.