NIKKI  |  NTOPIA + + + バチカ * SACHI UENISHI web

[ 2017.09.02 ]

映画「さよならも出来ない」を見て来た話


先週の金曜日、十三第七藝術劇場で行われていた、松野泉さんの監督の映画「さよならも出来ない」を見て来ました。
映画館に行くのは実に久しぶり。(前回は「思い出のマーニー」だったので3年ぶりでした。)
そして多分おそらく、ナナゲイは初めて、でした。

はたから見ると不自然な2人の関係(ネタバレするので内容はあまり触れません)。
けれども現実世界でこういう関係は十分ありそうだし、それを人に説明する事は確かに難しいんだと思う。
主人公の女の子が、「結婚する必要ってありますか?」という内容の台詞を言っていたのが印象的だった。
確かにつかず離れずの距離感でいる事は、別にそんなに事ではないのではないかな?と思う。

バイトとかでも、契約期間というのは存在しなくて、これる時に行く、みたいな仕事があったら、すごくいいなぁと思う。お互いにガチガチじゃない関係。けれども通常仕事(スポットを除いて)には必ず、「辞める」という概念が存在する。

ある意味白黒はっきりさせないというのは、お互い変な負担をかけずに、白かもしれないし、黒かもしれないし。けれどもとりあえず幸せだから良い、という、ある意味、どっちにも転ぶゆとりをもてて、いいんではないかと思う。

映画の話に戻りますが、光永さんの音楽は映画の雰囲気をほんわかさせてくれていて、
とっても良かったなと思いました。
映画における音楽の力ってすごいな!
月並みですが、そう感じさせてくれました。

そして、これからまた月1回でもいいから
映画館に足を運びたいなと思った日でした。

Copyright © NTOPIA All Rights Reserved.